<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
彫金師ダニーさん。
あ、そんな人知らんですか?そうですよね。
a0070518_1212455.jpg

一年ほど前に私の物欲を刺激したこのギター新機種が出てしまいました。
このデザイン、この仕様!もう真ん中にドカンと「GRECO」と入っていても気にならんです。

その昔、夢想していたギターが現実に販売されると思うと、居ても立ってもいられません。
現状では、居たり立ってたりしてるしかないのですが....

とりあえず相棒から届いた新兵器のセッティングをして、この苦悩を乗り切ります。仕事がたまってきちゃったので、詳細は後日。
[PR]
by solidarts | 2007-07-23 12:07 | ギター
これで、なんとか....
え〜、そんな感じで心肺停止のMacから大事な脳随を外すべく近所で買ってきました。
安っぽいラチェットレンチですが、とりあえず星形みたいなビットが数種類付いていたので、まあいいかと。
a0070518_16254653.jpg

しかし、いざ外そうとすると最初には気づかなかった小さい星が!
今買ってきたヤツの一番小さい径より、なおちっちゃい。むぅ。
a0070518_16273363.jpg

これ以上無駄な出費はイヤなので、精密ドライバーのマイナスを無理矢理突っ込んだら回りました。なんだ、これで良かったのか...?ちょっとナメたけど。
気を取り直して改めてHDDを外そうとすると、やっぱりこのラチェットレンチが使いにくい!結局こうなりました。
a0070518_16325533.jpg

ちなみにこのドリルはMr.BIGの2ndアルバム発売前から持っていたので、演奏用に買った訳じゃないですよ。念のため。

そして、ようやく外れたHDDを見てハタと気づく38歳最後の夏直前の私...
a0070518_16351193.jpg

ゲッ!コイツIDEじゃないじゃん!!
うちのHDDケース使えんぞ。

ちょっと考えりゃわかりそうなもんですが、アホですな。
そしてさらに出費がかさむ訳ですが、今さら背に腹は替えられんです。
はい、買ってきました。
a0070518_1641547.jpg

はい、入れました。
a0070518_16412773.jpg

お?考えてみればUSBの外付けは初体験です。早いのか?
いや、そんなことよりちゃんと認識されるのか?
あ、コンセント足りない。
a0070518_16415751.jpg

で、ケロっと認識されました。さあ、環境の再構築です。ああ、ツラい。
格闘すること数時間、なんとか150GBほどの必要データを拾いだして、仕事再開と相成りました。
a0070518_16463978.jpg

しかし、ホントに早くメインマシン買わないとサブマシンが尽きてしまう...まだあるけど。

Appleさん、早くちっちゃくて早いMac Proを出してください。
このままではすでに発売後1年近く経過しているデカいヤツを買わなければなりません。
ちょっとイヤです。
[PR]
by solidarts | 2007-07-17 16:50 | Mac&CG
大往生...
a0070518_913543.jpg

昨年10月に倒れたメインマシンに替わって今まで懸命に働いてきてくれたサブマシンが先ほど永眠いたしました....
昨年末の時点で電源不良のトラブルを起こしていたので、よくぞここまで持ってくれたと言いたいところですが、Mac Proのモデルチェンジをじりじりしながら待ち続けていたこのタイミングでの急逝は精神的にもかなりの痛手です...

例によってウチには恒例(?)の電源トラブルなので、早速泣く泣くハードディスクを抜いてFWケースに移植しようと思いましたが、あ、なんだこりゃ!!!!
a0070518_9152764.jpg

星形みたいな変な形のネジじゃねえか....取れん。
アキバで知ってた特殊ドライバー屋はもうなくなってるしなあ...
これからAdobeのセミナーにも行かねばならんのに...

このような事情でございますので、特殊ドライバーマニアでMac通の貴方の心優しき情報提供を切実にお願い申し立てまつり候といったところでございまする。草々。
[PR]
by solidarts | 2007-07-13 09:20 | Mac&CG
うすあんぷ
購入したことをすっかり忘れてましたが、以前からちょっと気になっていたコイツを入手してみました。
a0070518_15352513.jpg
ほとんどの方には「なんじゃこりゃ?」でしょうが、ちょっと珍しい薄型のギターアンプなんです。
「AXL」という聞いた事もないメーカーの「THINAMP」という何のひねりもない名前の製品で、やっぱりロクに売れなかったのか1度だけモデルチェンジをした後に販売終了して、現在では入手困難になっているモノでございます。

ギターアンプの常識から考えると、こんなもんでちゃんと鳴るのか不安になりますが、意外にもマトモな音を聴かせてくれます。アンプとしての基本性能も問題なく、パラメーターが少ないですがDSPも充実しているので、1〜5W程度のプラスチックのミニアンプのショボイ音とは一線を画しています。とはいえ、マイクロキューブと比較すると「いや〜、Rolandはいい音出すなあ〜」とか思っちゃいますが...(笑)

最近のアンプのようなデジタルでモデリングした音質ではなく、いかにもトランジスタの歪みが80年代あたりRockのプレイにしっくり来ます。仮にも10Wでスピーカーもそこそこの径なので、意外に大音量でも行けます。
ちゃんとLine-Inもあるので、ここにiPodくんを繋げると路上でのパフォーマンスも行けそうです。もういい年なんでやらんですけどね。
a0070518_15511737.jpg


そして、デザイン的にはアレなんですが、付属のソフトケースがそこそこよく出来てます。
持ち歩いてこそ、このアンプのポテンシャルが最大限に発揮出来るので当然ですが、エフェクターの運搬用としても充分使える気がします。
a0070518_1559127.jpg
a0070518_160642.jpg
このサイズならMacbookなんかもピッタリ入りそうです。デザイン的にはアレですが。

基本的には面白いから気に入りましたが、細かいところがいろいろとアメリカンなので、ZOOMあたりに同じコンセプトで作り直して欲しい!と思ってみました。
即買いしますよ!!値段倍でも。
あ、色は赤でよろしくです。
[PR]
by solidarts | 2007-07-12 16:07 | ギター
懐古録
a0070518_12573528.jpg

で、今回の引っ越しでギター以外の機材関係もかなり処分したのですが、
その中でも10年ぶりぐらいに出てきたパッチベイに、なんか懐かしさを感じてみました。
ご覧の通りラックにぶち込んだエフェクターの配線を前面で簡単に行うためのモノですが、コイツを買うまでは壁際に置いたラックエフェクターの配線をちょっと変えるだけでも、エラい苦労をしていました。

使えば絶対便利なのはわかっていたのですが、なんか穴ボコだらけの薄っぺらいハコに一万数千円を払うのが、どうしても納得出来ずになかなか購入に踏み切れませんでした。
当時はわりと借金だらけだったし、どうせ同じ金を出すならディストーションの1個でも買った方が得なのではないかと思っていたのです。

結局MTR等の録音機材との兼ね合いもあってしぶしぶ購入しましたが、予算の都合でパッチケーブルは自作するハメになり、セッティング前に半田ごて握って半日つぶれました。
その後、律儀にテプラで作ったラベルを貼って配線したら、エラく快適な環境になりました。こんなことならもっと早く買っておけば良かったと、今も昔も変わらぬ感想を抱いたものです。

ちなみにラベルが貼りっぱなしだったので、当時の機材の一部も思い出しました。
基本的にはPeaveyのチューブプリアンプから初代BBE Sonic Maximizerに行ってYAMAHA SPX−90IIからアンプへ。プリアンプのループには、リズムとリード用にYAMAHA FX-500とBOSS SE-50を振り分けて、録音時にはdbxのコンプもかませる感じで、ライブの時にはREXERのワイヤレスも追加です。あ、あとZOOMのマルチやYAMAHAのミキサーもありましたね。型番忘れましたが。そういえばハーフラックのHUSHも使ってたなあ、書きながら思い出しました。これにMTRやリズムマシンも繋いでいたので、途中で穴ぼこが足りなくなって追加購入も考えましたが、こっちの世界に戻れなくなりそうなので思いとどまり現在に至ります。

この後も激しい機材の入れ替わりがあっても、このパッチベイはキリキリ働いてくれましたが、さすがに昨今のフロアマルチの驚異的な進化のおかげで、我々中年のアマチュアにはラックエフェクターはほとんど意味のない高級品となってしまった気がします。
まあ、置き場所があれば今でもドカンと置いてみたい気はしますが...
[PR]
by solidarts | 2007-07-10 13:41 | ギター
転居のお知らせ
(画像はイメージです。)
a0070518_10291848.jpg

たいていの皆様がご存知であるうえに40日近くも経過してますが、このたび近所に引っ越しいたしました。
昨今の厳しい住宅事情で色々と難儀でしたが、ようやく状況も落ち着きつつあります。
この期間にいろいろと不義理やご迷惑をお掛けした各方面の皆様には、この場を借りてお詫びいたします。

で、引っ越し前日にとりあえずギターだけ運び込みましたが、二人がかりで台車にハードケースを乗せ両肩にソフトケースを抱えた姿は、どうみてもライブ前の搬入風景です。
誰にも見られたくなかったのに、エレベーターホールで別のフロアの妙齢のご婦人に目撃されてしまいました。
一瞬だけでしたが「そんなに驚いた顔しなくてもいいじゃん!」というような表情をされてしまったので、今後何らかの騒音問題が勃発した際には「あの時のアイツに違いない」と思われちゃうんだろうなあ、と考えると少々ブルーでございます。こう見えても普段はそんなにデカい音出さんのですよ。
a0070518_10285259.jpg

一応、昨年からコツコツと削減してきたはずのギター達ですが、まとめて置いてみると部屋の狭さも相まってそこそこのボリュームでわりとジャマ。8割が変形ギターなのは微笑ましい限りですが。

で、このおうち。雲一つない晴天の早朝のみですが、バルコニーからこんな山が見えます。
a0070518_1038504.jpg

個人的には認めたくないのですが、なんか富士山らしいです。たいして高層階でもないのですが、やはり富士見坂の近所だからということでしょうか?
あ、もちろんこれ400mmで撮ってるので、実際はもっとちっちゃいですよ。
この左端のビルよりちょっとデカい程度なので。
a0070518_10403181.jpg


そんなわけでこの週末、永遠の心の師匠「E-factory」榎本氏より、転居記念の一品が届きました。重ねてお礼を申し上げます。配達当日に留守にしていたので、不在通知が入っていました。
「宅配ロッカーに入らん大きさ?」と軽く疑問に思った翌日に届いたのがこちらです。
a0070518_10523950.jpg

a0070518_10575097.jpg

榎本氏のビッグネームが神々しくてステキです。
最初はあまりのデカさにビビりましたが、とりあえず愛馬を厩に引っ込めてなんとかリビングの一角に収まりました。
剪定前なので、横に並ぶとかなりの迫力です。「マーシャル100Wの2段積みよりデカい」という表現がどの程度の方々に通じるのが疑問ですが、とりあえずそんな感じです。
漠然と「観葉植物なんかいいよなあ..」と思っていた割には、全く世話のやり方がわからないので、これから勉強いたします。

ちなみに仕事部屋は未だにかなりのカオス状態につき、とてもお見せ出来ませぬ。
楽器屋かオモチャ屋に見えないようにするのは、なかなか大変ですね。
[PR]
by solidarts | 2007-07-09 11:13 | 戯言
トップ

小説家を目指しています。
by solidarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ちゃぶ台 vs おこた
from キミはiPodで何を聴く?
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧